お問い合わせ
  • België
  • Deutschland
  • France
  • 日本
  • Nederland
  • UAE
  • United Kingdom
  • United States
日本
日本語

気候変動に配慮した企業となるために

気候変動が当社のビジネスと当社が事業を展開するSTEM市場に与える影響について、独立系サステナビリティコンサルタント会社Aviecoと一緒に考えてみました。

Solar and wind farm through the mist at dawn

TCFDはビジネスの変革を促し、パフォーマンスを高めることができるのでしょうか?

当社は、STEM分野に特化した世界唯一の専門職能者派遣業者であり、気候変動対策にも一貫して取り組んでいます。2021年にはフィナンシャルタイムズ紙が選ぶ「ヨーロッパの気候リーダー300社」に選出され、CDP「気候変動Aリスト」に5年連続で選定されました。

英国政府が気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の報告を義務化した際も、冷静に対処することができました。気候変動がビジネスに与える影響をよりよく理解するために、TCFDフレームワークを活用する必要性をすでに認識していたためです。

当社ではこれまで、ビジネス活動が気候変動にどのように影響を与えているかに焦点を当てていました。現在、その焦点は気候変動が当社のビジネス、そして特に当社が事業を展開するSTEM市場にどのような影響を及ぼすかにシフトしています。そこで、市場をリードする独立系サステナビリティコンサルタント会社のAviecoに調査を依頼することにしました。

Aviecoは、経済界のさまざまな組織と密接な関係があり、サステナビリティに関する専門知識を企業の経営支援と商業的・戦略的目標の達成に役立てています。

Aviecoとの協働にあたっては、まず当社の市場に直接影響を与える気候変動リスクと機会を特定することが重要でした。次に、「金融システムのグリーン化のためのネットワーク」(NGFS)の基礎データを用いて、気候変動シナリオを作成しました。

重要なのは、当社の市場に直接影響を与える気候変動リスクと機会を特定することです。

その結果、特定したリスクと機会がそれぞれの地域でどのように変化するかを検討することができました。この分析では、気候変動の影響と特定の市場における潜在的な影響が浮き彫りとなりました。

さらに、ここで作成したシナリオには、将来これらのリスクや機会が生じた場合の対応について戦略的な意思決定を促すという重要な役割もあります。これは、気候変動によって実際にビジネスが影響を受けるのを待つのではなく、市場における気候変動の影響を予測し、対応する体制を整える上で不可欠です。

結果、当社は気候変動への戦略的対策において、リアクティブかつプロアクティブな行動を取ることができるようになりました。

独立した第三者がプロジェクトを統括したことで、率直な議論と外部からの有益なインサイトの活用が促進されたことも大きな収穫でした。また、必要な変化を真に観察し、分析する機会も得ることができました。

SThreeのESG責任者であるジェマ・ブラニーは、次のように述べています。「Aviecoと提携した当初は、TCFDの導入が当社のビジネスにもたらす効果や影響について、完全には理解していませんでした。独立した第三者がプロジェクトを統括したことで、率直な議論と外部からの有益なインサイトの活用が促進されたことも大きな収穫でした。また、必要な変化を真に観察し、分析する機会も得ることができました。気候変動に関するシナリオ分析について経験の乏しい私には、とても良い勉強になりました」

Aviecoとの共同プロジェクトの成果は明らかです。当社の最新のリスクマネジメントフレームワークには、すでに気候変動がリスクとして組み込まれています。また、詳細なリスク情報とその対策が規定され、グループ全体の戦略に反映されています。

これに加え、再生可能エネルギー事業の規模を倍増させるという目標を策定しました。また、気候変動への影響をより深く理解するために、報告対象をスコープ3排出量に拡大しています。

当社は、再生可能エネルギー事業の規模を倍増させるという目標を策定しました。

TCFDの導入により、SThreeは社内で国際的な再生可能エネルギーネットワークを構築することに成功しました。このネットワークを活用することで、ベストプラクティスを共有し、再生可能エネルギーパートナーにより良いサービスを提供することができます。

また、グリーンスキルのギャップを特定し、コミュニティプログラムに反映させています。これには、既存および将来のクライアントがネットゼロを達成するために必要とするグリーンスキルを持つ人材のパイプラインの拡充を目的とした、グリーンスキル開発および意識向上イニシアチブの提供が含まれます。

また、方針や投資の変更がクライアントにどのような影響をもたらすかについての理解も深まりました。たとえば、二酸化炭素排出量の多いセクターでは、従来の求人動向から離れ、体制転換に向けてどのようなスキルが必要となるかといった点に注目する必要があります。

ICRS COP26 Learning Zoneの特集を読む

当社のお客様事例は、Institute of Corporate Responsibility and Sustainability(ICRS)のCOP26 Learning Zoneにも掲載されています。TCFDやCOP26のリソース、気候変動対策など、詳細をご覧いただけます。

TCFDの詳細

世界が求める未来の実現に向けた当社の取り組みをご紹介します

当社のESGの目標と、それが当社にとって重要な理由については、「人材と地球」ページをご覧ください。

人材と地球

さらに読む

SThreeで築くグローバルなキャリア
24 1月 2023

SThreeで築くグローバルなキャリア

SThreeは人々を原動力とし、エネルギーにあふれた組織です。社員に愛される当社の文化についてはこちらをご覧ください。

多様でグローバルな職場で、あなたの可能性に挑戦しませんか?
12 1月 2023

多様でグローバルな職場で、あなたの可能性に挑戦しませんか?

多様でグローバルな職場で、あなたの可能性に挑戦しませんか?

仕事のモチベーションや成功の秘訣とは?若手コンサルタントへインタビュー
12 1月 2023

仕事のモチベーションや成功の秘訣とは?若手コンサルタントへインタビュー

仕事のモチベーションや成功の秘訣とは?

イベント「多様な人財のパイプライン構築」へスポンサーとして参加
09 12月 2022

イベント「多様な人財のパイプライン構築」へスポンサーとして参加

イベント「多様な人財のパイプライン構築」へスポンサーとして参加

第二新卒から築く、リクルーターとしてのキャリアとは?
08 11月 2022

第二新卒から築く、リクルーターとしてのキャリアとは?

社会人経験を数年積んだ後に、リクルーティングや営業未経験でいわゆる“第二新卒”として当社に入り、現在活躍する社員の上村 南奈に、SThreeでの仕事やキャリアについて話を聞きました。

仕事で英語を使うには?英語環境で成長できる職場
16 9月 2022

仕事で英語を使うには?英語環境で成長できる職場

留学や独学などで英語を習得したものの、仕事で活かせていないことにもどかしさを感じていませんか?

無限の可能性を秘めたキャリア
06 6月 2022

無限の可能性を秘めたキャリア

個人のスキル開発やキャリアアップ、世界の他のオフィスで活躍する機会など、SThreeでのキャリアに上限はありません。

Tommy Haviland - ディレクターになるまでの軌跡
23 3月 2022

Tommy Haviland - ディレクターになるまでの軌跡

リクルートメントのキャリアと新たなマーケットをゼロから立ち上げた経験について話を聞きました。

リモートワークでも社員の帰属意識・エンゲージメントを高めるコツとは?
04 1月 2022

リモートワークでも社員の帰属意識・エンゲージメントを高めるコツとは?

会社での帰属意識やエンゲージメントを向上させるコツをご紹介します。