お問い合わせ
  • België
  • Deutschland
  • France
  • Hong Kong
  • Ireland
  • 日本
  • Nederland
  • Singapore
  • UAE
  • United Kingdom
  • United States
日本
日本語

SThree、新しい最高財務責任者を任命

Chief Financial Officer, Andrew Beach, professional headshot photo

科学、テクノロジー、エンジニアリング、数学(STEM)分野に特化した世界唯一の専門職能者派遣業者SThree plcより、CFOとしてアンドリュー・ビーチを任命したことをお知らせいたします。アンドリューは2021年7月5日に当グループに加わり、7月15日付けで正式に取締役に就任する予定です。

アンドリュー・ビーチは、上場企業で13年以上も実績を積んできたベテランCFOで、ペースの速い高成長企業で世界的にビジネス変革を推進してきた経験を有しています。SThreeの野心と起業家精神、市場での強い位置付けを補完してくれる人として適任です。

これまでは、グローバルな展示会事業を展開するHyve Group plcでCFOを務め、著しい変革を経て、国際的な急成長を遂げる同社の牽引役として活躍し、FTSE 250への昇格に貢献しました。

2016年のHyve入社前は、Ebiquity plcで複数の役職を歴任しました。2007年にグループ財務コントローラとしてEbiquity plcに入社、翌年2008年にはCFOに就任し、2014年、最高財務責任者兼執行役員に昇格。PwCでの研修を経て、公認会計士の資格を取得し、1998年から2007年まで同社に勤務しました。

2021年1月25日の先の発表に引き続き、現CFOのアレックス・スミスは7月に取締役を退任。その後も同氏は、円滑な引継ぎを行うため会社にとどまる予定です。

会長のジェームズ・バイルフィールドは、次のように述べています。

「取締役会も私も、アンドリュー氏と力を合わせグループを次なる成長・発展段階へと導いていけることを楽しみにしています。ベテランCFOで、成長の推進とベストプラクティス、データ主導の業績管理に注力するアンドリュー氏は、「有能な人材を集め、未来の礎を築く」という当社の主要目的の実現に向け中心的な役割を果たしてくれることでしょう」

取締役会を代表し、2008年の入社以来CFOとしてSThreeの発展に多大な貢献をしてくれたアレックス氏に心より感謝の意を表します。彼の熱意と意欲のおかげで、SThreeは財務戦略やリスク管理アプローチ、投資家との関係を構築し正しい方向へと舵を取ることができました。今後のご活躍をお祈りしています」

CEOのマーク・ドーマンは、次のように述べています。

「アンドリュー氏をSThreeに迎えることができ、大変嬉しく思っています。当社が変革を促進して今後も急成長し、さらなる財務の健全化を目指すにあたり、彼と一緒に働けることが楽しみです。野心的な企業で積んだきたアンドリュー氏の貴重な経験は、次なる発展段階にある当社のビジョン実現に不可欠です」

13年あまりもグループに貢献し、私の入社以来パートナーとして支援・指導してくださったことに、心より感謝の意を表します。同氏は厳しい市況の中、また近年の資本市場での業績達成期を通じて巧みに指揮を取ってくださいました。その結果が今日の素晴らしい財務実績と株価に反映されています。SThreeのシニアリーダーシップチーム一同を代表して、今後のご活躍をお祈り申し上げます」

次期CFOのアンドリュー・ビーチは、次のように述べています。

このような素晴らしい時期に、SThreeの一員となれることを大変光栄に思います。同社の強固なリーダーシップと明確な戦略、ビジョンには、個人的に非常に興味を引かれています。パンデミックで人材派遣・採用業界全体に逆風が吹く中、STEMスキルに対する需要は世界中で一層の高まりを見せ、当グループは好調な業績を維持しています。SThreeの野心的な目標を達成し、有能な人材を集め、未来の礎を築くという目的に貢献できるよう、取締役会をはじめシニアリーダーシップチームの皆さんと一緒に働けることを楽しみにしています」

金融行為監督機構のパラグラフ9.6.13(2)から(6)に従い、開示が必要なアンドリュー・ビーチの情報はこれ以上ありません。

本発表に含まれる情報は、市場濫用行為規制(Regulation (EU) No.596/2014)のもと、当社によって内部情報に該当すると見なされたものです。

編集者への注意事項

SThree plcは有能な人材を集め、未来の礎を築いています。科学、テクノロジー、エンジニアリング、数学(「STEM」)分野に特化した世界唯一の専門職能者派遣業者であり、15か国で9,000社以上の多様なクライアント企業に正社員および柔軟性のある契約社員をご紹介しています。

当グループは、テクノロジー、ライフサイエンス、エンジニアリング、銀行、金融の各セクターに、約2,600名のスタッフを擁しています。

SThree plcは、金融行為監督機構の公式リストのプレミアムセグメントで「STEM」というティッカーシンボルで取引されています。また、米国のレベルI ADRファシリティ(シンボル「SERTY」)を有しています。

お問い合わせ

STHREE LOGO RGB CHARCOAL Sq

報道関係者お問い合わせ先

プレスチームへのお問い合わせはこちら

登録住所:
104-0061
東京都中央区銀座4-12-15
歌舞伎座タワー9階

 

最新の金融ニュースを読む

01 3月 2022

2021年度年次報告書:STEM人材派遣に向けたSThreeの取り組み

STEM分野で求められるスペシャリストと先駆的なグローバル企業の引き合わせに向けたSThreeの取り組みについては、当社の2021年度年次報告書ならびにTCFDステートメントをご覧ください。

31 1月 2022

SThree、前年比で111%増の過去最高の利益実績を記録

2021年11月30日を終了日とする会計年度の通期決算で税引前利益6,000万ポンドを記録。

13 12月 2021

SThreeは、すべての主要地域で力強い成長を遂げ、通期で過去最高の純手数料実績を達成

STEMスキルに対する需要の高まりと当社戦略の実行により、純手数料は前年比19%増の3億5570万ポンドとなり、2019年比で9%増となりました。

13 9月 2021

SThree、好調な2021年第3四半期決算を発表

純手数料が前年同期比で29%増、通期の利益もコンセンサスを大幅に上回る見込み。

19 7月 2021

SThreeが好調な半期決算を発表、利益の伸びがパンデミック前の水準を上回る

営業利益が2020年半期比で106%増加、契約社員と正社員の純手数料が前年同期比でそれぞれ8%、18%増加。